支社トップページ施設の紹介支社アクセス埼玉県下水道公社

元荒川水循環センター

マンホールカード お知らせ 施設見学 イベント情報 所在地等
元荒川水循環センター
 荒川左岸北部支社は、埼玉県内の荒川左岸北部流域(熊谷市・行田市・鴻巣市・北本市・桶川市)の下水道施設の維持管理をおこなっています。
 元荒川水循環センターは、荒川左岸北部流域下水道の終末処理場です。処理対象市から発生した下水は
ここできれいに処理されてから、元荒川に放流されます。
  【荒川左岸北部流域下水道処理区域】

マンホールカード

平成29年4月3日(月)より、「埼玉県流域下水道マンホールカード」の配布を開始しました。
※郵送等による配布は一切いたしませんので予めご了承ください。
【配布時間】平日9時~17時(土日、祝日、年末年始はお休みです。)
▲おもて ▲うら
ページトップへ戻るボタン

<下水処理技術を学ぶ>高校生下水道体験プログラムを開催しました!

 下水道の日(9月10日)にちなみ、9月9日(土)に元荒川水循環センター(荒川左岸北部支社)で開催した「下水道体験プログラム」に埼玉県立桶川西高校の生徒の皆さんに参加していただきました。
このプログラムは、科学好きの高校生に下水道の処理技術などの理解を深めていただくため、初めて開催したもので、同校の1~3年生の科学部員14人が処理施設を見学した後、下水の水質検査や分析を行いました。
 生徒たちは、下水処理に大切な微生物を顕微鏡で観察し、クマムシなどの微生物に興味津々で、また窒素やリンの除去を分析機器で確認し、有機物の分解に必要な酸素量を測定するなど、3時間のプログラムに取り組んでもらいました。生徒からは、「下水道が私たちの生活に欠かせない大切な存在であることを知り、大変勉強になった。」と感想があり、また「下水処理で一番大変だったことは何か?」、また「この施設で働くにはどうしたらいいのか?」など、多くの質問もいただきました。

<科学好き高校生下水道体験プログラムの概要>
1)場所・日時
  ・場所:元荒川水循環センター(桶川市小針領家字堤内939)
  ・日時:9月9日(土)13時00分~16時30分
2)参加者
  埼玉県立桶川西高等学校 生徒14名(科学部員)
3)主催 
  公益財団法人埼玉県下水道公社
4)下水道体験プログラムの様子
▲プログラム概要説明 ▲施設見学(中央監視室)
▲施設見学(汚水ポンプ棟) ▲施設見学(水処理施設)
▲下水検査(イオンクロマト) ▲下水検査(COD測定)
▲下水検査(COD測定) ▲微生物の顕微鏡観察
▲質疑応答 ▲記念撮影(玄関ホール)

環境への取組み

元荒川水循環センターでは、環境への取組みを紹介しています。詳しくはこちらをご覧ください。


施設見学のご案内

水循環センター(下水処理場)では、施設見学を実施しています。
詳しくは、(公財)埼玉県下水道公社 施設見学のご案内をご覧ください。

イベント情報

下水道への理解と関心を深めていただくため、様々なイベントを企画しています。
詳しくは、(公財)埼玉県下水道公社 イベント情報をご覧ください。

元荒川水循環センター所在地等

公益財団法人埼玉県下水道公社 荒川左岸北部支社
 住所:〒363-0007 桶川市小針領家字堤内939  アクセス
 TEL:048-728-2011 FAX:048-728-2013
 E-mail:hokubu@saitama-swg.or.jp



埼玉県下水道公社ロゴ
ページトップへ戻るボタン
 Copyrightc2015 Saitama Sewage Systems Agency All Rights Reserved.