いろいろなイベントの紹介
イベント紹介ページへ

荒川左岸南部支社

 私たち荒川左岸南部支社は、荒川左岸南部流域下水道の維持管理をとおして、流域市の安心安全で住みよい街づくりと水環境の保全に貢献しています。

埼玉県荒川左岸南部流域下水道

 荒川左岸南部流域下水道は、県南中央部の荒川左岸に位置する川口市(旧鳩ケ谷市を含む)、さいたま市、上尾市、蕨市、戸田市の5市を対象とする下水道で、昭和41年度に事業着手、昭和47年10月に供用を開始し、本年10月で39年を経過する県内で最も歴史のある流域下水道です。

 流域関連市から集めた下水は、戸田市にある荒川水循環センター(下水道終末処理場)で処理し、「荒川」へ放流しています。また、処理した水の一部をセンター沿いを流れる「さくら川(荒川左岸排水路)」にも放流しています。